うつ

 趣味をふやしてストレス解消  

うつ病のページ

       

 うつ病はストレスからきます


 このホームページではうつの治療について紹介いたします。「うつ病」はどんな病状となるのか、診断する方法は?接し方は?自分でチェックする方法は?どんな薬をつかうのでしょうか。完治・克服するにはどうしたらいいのか?うつ病について様々な情報をいれましたので参考にしてください。 うつ状態になる原因というのは、どれも精神的肉体的ストレスです。 このようなストレスに対して、多くの人は、一時的にうつ状態(抑うつ)になります。病状によっては病院に入院する必要があります。詳しくはこのHPをご覧ください。

 


-------------------------------------------------------------------------------------------------


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

  
私のうつ病闘病記「私がうつ病を治したたった3つの方法」


-------------------------------------------------------------------------------------------------


   ★うつ病は治ります!〜うつ病を完治させよう!
 

うつ病は気分の落ち込みが原因で、日常生活を送る際に深刻な支障が生じやすい心の病気です。
症状は様々です。気分の変動の仕方、食欲、睡眠が通常のうつ病とかなり異なる種類のうつ病もあります。


誰だって仕事上のミスや失恋、家族関係などで気分が落ち込むことがあります。
しかし、たいていの場合は、数日で回復して「頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。
 つまり心には本来回復力があるのです。


ところが、いつまでも気分がゆううつで元気が出ない状態が続く場合、これを「うつ状態」と言います。
うつ状態が長引く(通常2週間以上)と、より深刻な状況になりがちです
「自分はダメな人間だ」「生きている価値がない」などと考えるようになったり、
物事を決められなくなったり、実行できなくなったりして、日常生活に支障が出てきます。これが「うつ病」です。


つまり、うつ病とは人間が本来持っている元気がなくなり、それに伴って意欲や行動も低下する「心の病」です。
また、うつ病では、肩凝りや不眠、倦怠感などさまざまな身体的症状を伴うことも少なくありません。


適切な治療をすれば治ります。薬を飲んで休息をとるだけで十分です。
うつ病を治すのに特別な治療が必要なわけではありません。


ただし、うつ病をほうっておくと悪化することがあります。「うつ」をそのうち治るだろうと軽く見ないことが大切です。
うつ病も他の病気と同様、早期発見、早期治療で対処できます。


「うつ」かな〜と思ったら一人で悩まずに専門家に相談してください。
適切な治療をすればだいたい6ヶ月から1年ほどで「うつ」は回復します。
「うつ」の病状は徐々に治まっていき、また元のように働くこともできます。



★うつ病はストレスにたいする生体としての反応です★


うつ状態になる原因というのは、どれも精神的肉体的ストレスです。
 このようなストレスに対して、多くの人は、一時的にうつ状態(抑うつ)になります。
つまり、うつ状態というのは、ストレスに対する生体の反応だと考えられるわけです。
同じストレスをうけても人により反応が異なります。
ストレスを処理する能力に差があるからです、これは性格的な問題でもあるようです。



-------------------------------------------------------------------------------------------------





--------------------------------------------------------------------------------------------------



 ★うつ病になりやすい性格とは?


まじめで完ぺき主義者、何事にも一生懸命・・・注意!
うつ病の原因には
@性格や遺伝的な原因 A生活環境の変化 B脳の機能障害などさまざまな原因が重なり合って発病すると
考えられています。とくにうつ病になりやすい性格はキーワードとして「まじめ」「完ぺき主義者」と表現されます。
たとえば会社や学校で中心になっている人など傾向としてはなりやすいです。


まじめで、完ぺき主義者である一方、融通がきかず、頑固となるとうつ病予備軍ともいえます・・・。
ほどほど90点を目指そうくらい、70〜80点で合格圏内なんて考え方がいいのですが、
完ぺき主義者にそんなことをいっても理解できないようです。
つまり、相当に影響力をもった存在の人が言うか、自分で学習する、言い換えると人の聞くことに耳を貸す
ということでないと。


もうちょっとうつ病になりやすい性格について掘り下げてみましょう。キーワード連発です。
「物静かで気弱」「悲観的」「保守的」「頼まれると断れない」「律儀」「誠実」「責任感が強い」「几帳面」
「仕事熱心」「思い込み激しい」



    



★うつ病は再発しやすい病気です★


「うつ」は繰り返す傾向があります。これは現実的な問題としてしっかりと受け止めておく必要があります。
しかし、医師の指示通りに服薬を続けライフスタイルを見直したりすることで
うつ病の大きな再発を防ぐことも可能です。


家族などがうつ病の病状があるにもかかわらず、本人が病院に行きただらない場合は
家族がかわりに病院にいって相談してみてください。
繰り返しになりますが、「うつ」の治療には早期発見、早期治療が大切です。



★うつ病かどうかチェックしましょう


こんな状況<病状>があればうつ病の可能性がありますので病院に相談してください。


病状チェック@
疲れやすく、からだ全体がだるく感じられませんか?


病状チェックA
立ちくらみや耳鳴り、動悸、微熱などからだに不調がありませんか?


病状チェックB
ふさぎこんだり、ゆううつな気分が2週間以上続いていますか?


病状チェックC
何に対してもやる気が出なくて趣味も楽しめない状態ですか?


病状チェックD
イライラして落ち着かない。


病状チェックE
家にこもりがちになっている。



★うつ病対策はこれだ!


『News week』 で 『ストレスに勝つ100の方法』 という掲載記事がありました。
抜粋ですが、紹介します。うつ病対策としてはストレスをためないことですね。


うつ病対策 【 恋をする 】
恋愛をすると、ストレスホルモンを抑制する性ホルモンの分泌が盛んになる。


うつ病対策 【 恋愛小説・映画 】
いつも恋愛しているのが無理なら、恋愛小説等でその気分を味わうだけでもいい。


うつ病対策 【 新しいことに挑戦 】
楽しみができれば、「よいストレス」によって「悪いストレス」が緩和される。
ただし欲張りすぎは逆効果。


うつ病対策 【 ポジティブシンキング 】
嫌なことでも、楽しい面を見つける。
苦手な上司との打ち合わせ中は、相手の奇妙な癖を楽しむとか。


うつ病対策 【 大声で泣く 】
泣いた後は気分が落ち着くことも多い。泣ける映画や音楽の助けを借りてもいい。


うつ病対策 【 おしゃれ 】
気分転換には「形から入る」ことも重要。
髪形を変えたり、ファッションやメークを変えてみる。


うつ病対策 【 模様替え 】
部屋のレイアウトや職場のデスク周りを替えれば、すっきりと新たな気分に。


うつ病対策 【 エクササイズ 】
激しい運動をする時間がなければ、簡単なストレッチでもいい。


うつ病対策 【 笑う 】
笑いはストレスを軽減し、免疫力を高める。
自発的に笑顔をつくってみるだけでも効果あり。


うつ病対策 【 お風呂にゆっくり 】
ぬるいお湯に30分くらい入ると、自律神経が交感神経(緊張状態)から
副交感神経(リラックス状態)へ。


うつ病対策 【 楽しいイメージをもつ 】
思い出せば出すほど記憶は定着する。
嫌なことが頭に浮かんだら、楽しいイメージに切り替えよう。


うつ病対策 【 プチ逃避 】
ストレスのある環境から一時的に逃避し、1人の時間をつくる。
トイレ休憩や昼休みの外出などでもいい。


うつ病対策【 昔を思い出す 】
楽しかった昔のことを思い出したり、当時好きだった曲を聴くのも気分転換になる。


うつ病対策【 ノートに書く 】
思っていることを書き出せば、自分の気持ちを整理できる。


うつ病対策【 情報をシャットアウト 】
新聞やテレビを見ない、パソコンや携帯電話を使わない日をつくる。


うつ病対策 【 日記をつける 】
楽しいことを中心に書けば、沈んだ気持ちを紛らわすことができる。


うつ病対策 【 ノーと言う 】
嫌なこと、できないことはうまく断る技を身につける。


うつ病対策【 主張する 】
周囲を気にしすぎないで、思ったことや感情を素直に表現してみる。
  

うつ病対策 【 お酒を飲む 】
適量のお酒はリラックス効果がある。
ただし「憂さ晴らし」のような飲み方は逆効果なので注意。


うつ病対策【 妥協を学ぶ 】
ときには、問題に立ち向かおうとするより妥協してみる。.



-------------------------------------------------------------------------------------------------

 



--------------------------------------------------------------------------------------------------



★うつ病の原因とメカニズムは?


うつ病でやる気が出ないなどの状態が続いているのは、ストレスが主な原因です。
ストレスなどによって、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなり、
それによってうつ病が起こるといわれています。


“セロトニン”と“ノルアドレナリン”は脳の中で、意欲や活力などを重要な働きを担っています。
この働きが悪くなるとその結果憂うつ感などを引き起こしてうつ病の症状があらわれるようになります。
そのため、まずはストレスと取り除くこと、投薬による治療で
この脳内神経伝達物質のバランスの乱れを修正することで、うつ病を改善できるのです。



★抑うつ状態とは


抑うつ状態=落ち込んでいる状態です。
色々な出来事がきっかけになって、抑うつ状態は起こります。
身内やペットの死、仕事上の重大なトラブル等は、周りの人も比較的気がつきやすい原因ですが、
ストレス社会の中で生きている私たちにとっては、日常的にも気分的にめいるような小さな事件が少なくありません 。
 たいていの場合は時間の経過にともなって、抑うつ状態から抜け出すことができます。


抑うつ状態を示す病気としては、「うつ病」以外にも、精神分裂病、神経症、躁鬱病・・・「抑うつ状態」であるからといって
「うつ病」と断定はできません。あくまで、「抑うつ状態」とは症状を示す状態であって、病名ではありません。



★軽症うつ病とは?


近年軽症うつ病が増加しており日本人の7人に1人が一生のうちに経験するといわれるほど、とても身近な病気です。
軽症うつ病は的確な診断と治療が行われれば回復する可能性が高いようです。


軽いうつ状態である「軽症うつ」段階で、十分な休養をとるなどうまく対処すれば、重症化にならずに回復も早いのですが。
逆に軽症であればあるほど診断が難しくなる点もあります。


『「軽症うつ病」は「うつ病」と違う・・という点を見逃さないで下さい。
「軽症うつ病」と「うつ病」では治療方法も違えば、内服する薬だって異なってくるのです。
 症状は似ていますが、「軽症うつ病」の場合は、「うつ病」に比べ、
全体的にその程度が軽く、どちらかというと、先に述べた“体調の悪さ”が先行します。
「軽症うつ病」が別名「仮面うつ病」といわれる所以です。このため「軽症うつ病」をこじらせてしまう原因にもなっています。
「軽症うつ病」で入院してくる患者さんの多くは思った以上に病状がすすんでいます。


★仮面うつ病とは?★仮面うつ病とは?


仮面うつ病とは抑うつ気分や意欲の低下などのうつ病本来の精神症状は目立たず、
身体の病気のようにしか見えない場合をいいます。
頭痛や腰痛、食欲不振、身体の痛みなどありがちな病状。
本当はうつ病なのに、うつ病にはみえず「仮面うつ病」と呼ばれています。


うつの始まりとして、気分の落ち込みがあまりはっきりせず、頭痛、肩凝り、胃痛といった体の症状が現れることがあります。
うつ病が背後に隠れているという意味で「仮面うつ病」と呼ばれています。
「仮面うつ」という表現は偽者のうつ病と読めるため、日本語としてはおかしいような気がしますが・・・。




★中高年のうつ病〜更年期障害うつ病とは


中高年はもっともうつ病が多いのです。40〜50代です。もっともストレスのある年代です。
上昇停止症候群、燃えつき症候群、初老期うつ病、昇進うつ病、リストラうつ病、サンドイッチ症候群など
の言葉に代表されます。一家の大黒柱ともなればプレッシャーはなおさらです。
本人だけではなく、家族も経済的な不安を抱えることになります。


ですが焦ってはいけません。復帰するためには家族や職場のの協力がいります。
焦らずゆっくり回復を待つことになりますが、本人が治療に専念できる環境が必要です。



-------------------------------------------------------------------------------------------------

 



--------------------------------------------------------------------------------------------------



★うつ病にかかったら仕事はどうすべきか?


病状の度合いにもよりますが、休職をすすめます。うつ病の原因が職場が原因であればなおさらです。
パワハラなどの言葉がありますが、まず強いストレスからとき放たれなくてはなりません。
仕事への復帰は焦らずゆっくりです。急ぐ気持ちはわかりますが、うつ病は再発しやすい病気なのです。
軽度のうつであれば、仕事の量をへらしてもらい、病院に通院するのがいいでしょう。
仕事の見直しはこんな感じです。
@フレックスタイムがある場合⇒午後からの仕事に変更!
A今の業務内容が難しい⇒違う部署に異動し、違う仕事をする!
B長期にわたる仕事⇒短期でおわる仕事にかわってもらう!



★うつ病は傷病手当金の申請ができます


うつ病により仕事を休職した場合、経済的に苦しい状況になりますよね。
これでは治療に専念できません。
うつ病には厳禁の「不安からのストレス」が重く圧し掛かります。


そこで、休職した際は「傷病手当金」の申請をすぐ行いましょう。

会社員であれば健康保険に加入していると思います。
社会保険被保険者であれば、この「傷病手当金」の支給を受けることができます。
もちろん「うつ病」にも適用されます。


受けることのできる支給額は、標準報酬日額の60%です(変更する場合があり確認してください)。

仕事を休み始めて4日目から受けることができ、
最大1年6か月の期間で受けることができます。



★老人にもうつ病がある〜老人性うつ病


老人のうつ病は抑うつ気分よりも焦りやイライラ感が目立つことが多いようです。
強い不安感からそわそわ落ち着かなくなったら注意が必要です。


原因は老化に対する不安や定年退職、近親者との死別などがあります。
それと老人の自殺はうつが原因のことがあります。からだや生活上の不安からでしょうか。
また、老人性うつ病にかかるとちょっとしたからだの不調でも重い病気ではないかと過度に心配する傾向があります。
うつ病が完治するまで家族や周りの人が見守ってあげるようにしましょう。



★うつ病になった場合の接し方〜どうやって接すればいいのか〜


接し方としては自然にふるまうのがいいかと思います。
気を使われるとかえって負担になることがあります。それでは逆効果です。
多少配慮するとすれば下記のとおりです。なにげなく話しやすい状況をつくりましょう。
うつ病の人にかかわらず、人は話をすると楽になるものです。
じっくり話を聞いてあげましょう。


うつ病にかかるとうつ気分、自責感、焦りなどを感じます。
また、疲労感のため口数も少なくなり、集中力も低下しています。
あわただしい雰囲気や窮屈な所では、自分の気持ちを話すことが困難になります。
時間的にも、空間的にもゆとりのあるところで話を聞きましょう。


また、座る椅子の位置にも配慮し、近すぎず、遠すぎず、安心して話ができるように。
真正面ではなく、視線が少し斜めになる方が話しやすい場合もあります。


間合いをゆっくりととりながら話してください。
うつ病にかかっている人は言葉数が少なくなることがありますから、沈黙がちになっても気にしすぎないようにしましょう。




★うつ病の相談:病院、保健所、精神保護福祉センター、医師会に相談しましょう。


まずはかかりつけのクリニックや病院で相談してみるといいでしょう。軽うつの場合は
いきなり精神科にいかなくても内科の治療だけで治ることもあるようです。
病状にもよりますが、軽いうつであれば、その後回復がみられない場合に本格的なカウンセリングでいいでしょう。
家族のこととなると友人や近所というわけにもいかず、とりあえずは近所の病院ですね。



    



★うつの治療につかう薬<うつ病治療薬>〜抗うつ薬は落ち込みをやわらげる


現在日本では「うつ」の治療薬を買うことはできません。病院・クリニックなどで医師の診断に基づいて治療薬を処方します。
うつ病の薬は脳にはたらきかけてセロトニン・ノルアドレナリンなど神経伝達物質の機能を回復させる作用をもつ治療薬です。


継続し治療薬を飲むことになります。長期間にわたって治療薬を飲み続けることに苦痛を感じるかもしれません。
薬に頼るのはいやだ、一生飲み続ける?という不安から受診・治療をためらう人もいるようです・・・。


たしかにうつの薬には副作用や突然の中止でいやな病状があらわれるなどのデメリットもあります。
それでも服用をすすめるのはうつ病の病状を緩和できるメリットがはるかに大きいからです。
医師の指示に従って服用・治療すれば依存や中毒などの心配はないので安心してください。


<注意!>
うつ病の薬はさまざまな種類があり、病状にあわせて使います。医師の処方にはかならず従ってください。
また、どんな薬を処方されたのか、服用中の効果と副作用もチェックもわすれずに。




★神経症抑うつとはどんな病気?神経症抑うつをあまく見てはいけません!


うつ病よりも軽いうつ状態に陥る神経症を神経症抑うつといいます。
抑うつ神経症では、その他、強迫症状や不安症状、ヒステリ−症状などを伴う事が多いのも特徴。
抑うつ神経症の場合、本人の性格が病気の発病に関わっている事が多いものです


神経症はノイローゼとも言われます。神経症は主に心理的原因によって生じる心身の機能障害を
全般的に表現する言葉であり精神病とは異なります。
つまり、神経症はいわゆる病気ではなく感情の起伏が激しくなった状態とも言えるでしょう。




★非定型うつ病とは


非定型うつ病は、何か楽しいこと気分がハイになります。
普通のうつ病を定型うつ病といいますが、何があっても元気がないのに対し、
ことと内容によては明るくなるのが大きな特徴です。


「非定型うつ病」は、定型うつ病とは上記のようにことなります。
つまり定型うつ病とは症状のあらわれ方が違います。
よってこの非定型うつ病の治療方法も定型うつ病とは違いが出てきます。


定型うつ病では、休養と薬による治療が必要ですが、非定型うつ病の場合はちょっと劇をとばすことで
本人を勇気づけるといいです。
普通のうつ病が多くの場合絶望感によって自殺をする場合がありますが、
非定型うつ病では、周囲の人に助けを求めるサインとして、衝動的に自殺を企てるおそれがあります。


★難治性うつ病とは?


長期間にわたって治らずに再発を繰り返す「うつ病」を、特に「難治性うつ病」と言います。
 さまざまな投薬や精神療法も、この難治性うつ病には効果がでません。。
さらに、せっかく効果が出たと思っても、すぐにもとのうつ状態に戻ってしまうのです。
またこの難治性うつ病は不安感・将来への絶望感・興味や喜びの消失・孤独感等から
死を最近強く意識するようなケースも
あるようです。



 ★重症のうつ病の場合、入院したほうがいいかもしれません★


病院に入院の効果は、うつ病の原因になっているストレスから開放されることにあります。
そのため入院するだけでよくなる方もいるそうです。
また、副作用などに対してすぐに対応できるために、薬の調整を外来治療に比較すれば、
より大効果的に実施するというメリットもあります。
 そのため重症のうつ病の場合は、入院治療のほうが早く直るケースもあります。
また、自殺念慮が強く実際に実行してしまいそうな場合は、かならず入院が必要です。
このほか、治療が長期化・慢性化した場合も入院を検討したほうが良いでしょう。
入院を考えている場合は、気軽に担当医に相談してください。



   ★なぜあの人はいつも元気なのか?ストレス解消をする方法は?★


   いつも元気な人は身近にいませんか?
   その人がいるだけでなんとなく雰囲気がよくなってしまう、そんな人です。


   その人にストレスがないわけでは決してないのですがなんとなく楽しんでこなしてしまう。
   それってたぶんココロに余裕があるってことでしょうね。


   結構、家庭や仕事が大変そうなのに・・・どうして??
   このホームページではこの疑問についてのヒントを紹介します。
   要はココロと身体をうまくコントロールする方法です。


   ずばり!つまりは趣味をいろいろもつことでストレスの解消するのが
   このホームページのテーマです。具体的にどんな趣味を試したらいいのか?
   ストレス解消の役にたつ情報をほしい!なんて方は是非
   この『趣味をふやしてストレス解消』をチェックしてください!
  


    



  ★趣味とは体と頭のあらゆるところをつかって楽しむこと!★



   会社で1日パソコンを眺めていませんか?姿勢はかたまってませんか?
   毎日使うところって決まってくるものです。
   逆に使わない部分、頭でも体でも、結構あるはずです。
   人間つかわないと退化していきます。

   
   それと体は血液の循環で保たれていますので使う部分には供給され、
   使わない部分には供給ペースがおちるそうです、不思議ですね。
   これでは体全体のバランスがおかしくなるのは当然です。


    


   それではどうすればいいのか?普段やっていることと逆のことをやるのが効果的です。
   普段、デスクワークの方はアウトドアーで体をうごかすこと。
 
 
   外出が多い方は読書やインターネットでお買い物など。
   主婦の方はお散歩なんていかがですか?




   そうです!つまりストレス解消には積極的休養が必要なんです!

   
   休日にただごろごろするだけの消極的休養ではなく、心身のリフレッシュを図るような
   積極的休養がストレスをためないコツです。

  
   そうそう生活習慣病の発症におおきくかかわるとされる内蔵脂肪症候群、いわゆる
   メタボリックシンドローム(通称メタボリ)が注目されています。
   

   ストレスとメタボリはおおきくかかわっていると考えられます。
   当然ストレスがたまると内臓脂肪もたまりやすくなる傾向がありますよね。
   やたら食がすすむ!ストレスで満腹中枢がマヒしていると感じたことありませんか?


   ストレス解消?なかなかアイデアが浮かばない!!
   なんて方、安心ください。


   このホームページではそんな方にストレスを減らす色々なアイデアをご案内
   申し上げます。是非、参考にされてください。
   人生楽しんだもの勝ちです!!(でしょ?!)


●もっとうつ病の治療について知りたい方はこちらから検索してみてください↓
    


   


うつ病 うつ病状 うつ薬 うつチェック うつ治療 うつ診断

 抑うつ うつ病チェック うつ病治療 うつ病診断 躁うつ病 

うつ状態 産後うつ 自殺うつ うつ病病院 うつ不安 

うつ克服 うつ回復 家族うつ病 うつカウンセリング うつ入院 

うつ相談 仮面うつ病 抑うつ状態 老人うつ うつ病とは 

うつ病テスト 神経症抑うつ 老人性うつ 非定型うつ病 うつ対策

 うつ病 入院 ストレスうつ うつ病仕事 うつ病原因 うつ病回復

 うつ病相談 うつ病診断テスト プチうつ うつ病の病状 うつ病の対策 

うつ治す うつ治療法 軽症うつ うつ病カウンセリング 難治性うつ病

 うつ病治療法 軽うつ うつ病体験 うつ病傷病手当 うつ病自己診断

 彼女うつ病 うつ病治療薬 うつ病完治 更年期障害うつ うつ病治療方法

 うつ病接し方 うつ解消 うつ過食

[PR]
趣味 ストレス解消 うつ病  うつ病  偏頭痛 偏頭痛 偏頭痛
おたふく風邪 インフルエンザ 野球  転職
Copyright (C) All Rights Reserved